スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新章へ 

4年間の留守中に「ハウスシェア」が広く一般に認知される様になっていて驚いた。渡英する以前も、日本でも共同生活する若者が居るという話を耳にしたことはあったが、ロンドンでそれを実体験して戻ってみれば、テレビドラマの設定に使われる程になっていた。お年寄りと女子大生が助け合いながら暮らしている、という事例もテレビで見た。

赤の他人同士が生活を共にするなんて、私自身やってみる前は考えられなかったものだが、実際には非常に有意義な生活を送ることが出来た。何より、「人間らしく生きる」ことが出来る。人間は誰かと生活を共にしないといけないんだ、と肌で感じた。

また、経済的であり合理的である。一人暮らしより家賃が安く済む上、個室以外は共用となるので相対的なエネルギー消費が減り、結果地球環境にもやさしい。広いリビングや庭などもあれば、よりのびのびと暮らすことが出来る。

人間性を疑いたくなる様な事件が続発するこのごろ、ハウスシェアが豊かな人間性を育むために一役買うことも出来るのではなどと良く考える。欧米のスタイルをそのまま当て嵌めるわけにはいかない部分もあるだろうが、「日本的ハウスシェアスタイル」を確立することは可能だと思う。

では、建築的にはどうなんだろう? 物理的には、既存の住宅に少し手を加えることで、場合によってはそのままでも使用可能だろう。むしろ、管理・運営などのソフト面に目を向ける必要がある。逆を言えば、我々設計をする者たちにとっては、残念ながら儲かる様な話にはなりにくそうだ。しかし、だからといって興味を失うことはない。なにも、お客さんの要望どおりに設計をするだけが建築士や建築家の仕事ではない。

さて、3ヶ月以上に渡って仕事を探していたが、このご時世にあって希望する様な設計の仕事を見つけるのは至難の業だということが分かった。そんな中、上記のハウスシェアのことなどを時々考えているうちに、なにも設計にこだわる必要は無いのではないか? とも考える様になった。

その結果、とも言い切れないが、遂に決まった新しい仕事は設計ではない。新しいものをつくるのではなく、今あるものを活かすという立場になる。と言っても、リノベーションが主という訳ではなく、どちらかというと裏方的仕事のようだ。もちろん、ハウスシェアの提案をしている訳もない。ただ、そのような類いの仕事は「やり方次第」だとは言われている。とにかく、建築というものに今までとは少し違った角度からアプローチし、何か新しいことに取り組む糸口を探してみることにした。

ところで、メディア上で「ルームシェア」という言葉が「ハウスシェア」と同じ意味で使われることがあるが、私的には「ルームシェア」は個室(寝室)を共有することだ。ロンドンでは実際に「ハウスシェアでルームシェア」している友人が居た。まだ定義自体あいまいなのだろうが、この二つは意味が全く異なるので絶対使い分けるべき。

あっ、そういや自分自身ルームシェアした時期もあったじゃないか!

スポンサーサイト

場所の記憶 

blog210709.jpg

先日ある用事で四谷へ行った。JR四谷駅で降りたのは一体何年振りだったろう? 大学時代にアルバイト先にこの駅から通っていたので、懐かしい場所だ。用を済ました後、梅雨も明けさわやかな晴天だったので、かつてバイトに通った道を散歩がてら歩いてみることにした。

赤坂方面に抜けるその細い道を行くと、懐かしい風景が広がる。バイト帰りに良く寄ったラーメン屋や、社員の人に連れて行ってもらった記憶のある飲み屋など、当時のまま残っていた。ちなみにもう18年も前の話だ。

バイト先のビルが近づいて来て、角を曲がると、ビルへの入り口近くに100円パーキングの看板が見えた。あれ、こんな所にパーキング作る様な土地あったかな? と思いながら進む・・・・・

唖然とした。あるはずの、いや、あるとばっかり思っていたビルが無くなっていた。巨大なビルが消え去り、赤坂にほど近い超一等地にポカンと開いたその大きな穴には、一面100円パーキングが広がっていたのだ。敷地周囲の段差を支える高さ5~20メートル程もあるコンクリートの擁壁だけがむき出しで残され、まるで廃墟である。

予想外の光景に、しばらく立ち尽くしてしまった。

そのバイト先というのは大手のデベロッパーで、そこは自社ビルだった。私はそこの設計部で模型制作などをしていた。まさにバブル期だった当時、その会社は東京の下町などで再開発の計画を進めていて、まだ買収しきれていない土地に計画したビルの模型などを作ったりしていた。会社はその後バブル崩壊のあおりをもろに受け、何年か前についに倒産したとは聞いていた。

それにしたって、壊さなければいけない程古かったのだろうか?

中にはプールもあった。昼休みにいつも泳いでいたNさんはどうしているだろう。屋上で日光浴して真っ黒になっていた「新人類」社員のSさんは・・・。高層ビルの谷間で仰向けになって見た景色は、今もほとんど変わっていない。あの「浮かれた時代」が懐かしく感じられる・・・・・広々したエントランスホールにはたくさんの人が行き交い、いつも活気が感じられていた。その記憶と、今目の前に広がる廃墟とのコントラストが、時代の大きな変化すら実感させる。

日本人は都市や場所の記憶というものをもっと大切にするべきだという思いが、ロンドンで暮らす間により強くなっていたのだが、自分が慣れ親しんだ場所が破壊される悲しさと言うものをこれほど実感させられたのは初めてだったと思う。

気になって少し調べてみると、実はこのビルはある不動産会社が買収したのちテナントを半ば強制的に追い出し、解体されたのだという。立ち退き交渉にあたった業者が弁護士資格を所有していなかった為に摘発され、昨年ちょっとしたニュースになっていたそうだ。

それにしても皮肉である。バブル期に、それまで人々が造り上げて来た町並みを虫食い状態にし、町並みを破壊していった会社の本拠が、今やそれと全く同じ光景と化してしまったのだから。

CMがつまらない! 

仕事がなかなか決まらず、家に居る時間が長いため、近頃テレビを良く見ます。ドラマなんて10年くらい前から全く見なくなったのに、結構見ちゃったりしてます。

一つ気になっているのが、CMが見ていてつまらない事。英国のテレビCMは趣向を凝らしたものが多く、一つ一つが「作品」として完成されている感じでした。電車の吊り広告などもそうですが、日本の宣伝・広告媒体はいかにたくさんの情報を詰め込むかに重点が置かれている様です。一方、英国ではいかに大衆の目を引くかが重要なんだと思います。時には、何の宣伝なのか良く分からないこともあったりします。広告もアートなのです。いや、広告に限らず、地下鉄の路線図、新聞のロゴ、などなど、何を作るにもそこには常に「アート」の意識があると思います。

CMに関してはどっちが良い悪いとかいう話ではないのですが、日本のは宣伝対象の情報(製品の魅力とか)を直球で伝えているものが多く、興味が無いものについては見ていて面白くないです。

そんな訳で、最近変な癖がついてしまいました。CMが始まると一つ一つに点数を付けてしまうのです(笑)。10段階の採点なのですが、大部分は1~3点です(偉そうなこと言ってすみません)。そんな中、今日今までの最高点7点が出ました! 矢沢永吉がパラパラ漫画で踊っていました。まだ一度しかお目にかかってないのに、「ブラビア」っていう商品名はもう頭に焼き付いています。

この頃バリア張ってます 

大変ご無沙汰しています。もう5月も終わりに近づき、危うく更新無しで終わってしまう所でした。就職活動って結構忙しいんです!

帰国してからもうすぐ2ヶ月が経つ訳ですが、相変わらず大きな発見はありません。英国との「感覚的距離」が縮まったと前回書きましたし、今更実感する事もあまり無いのでしょうか。ただここ最近、人と人との関わり方がやっぱり根本的に違うなあと感じています。

昨日ツタヤに行き、新たに入会手続きをして猿の惑星を借りたときのこと。応対してくれるアルバイト君たちとは一定の距離感を保っている自分に気が付きました。ロンドンだったら、

「ずっと海外に行ってたから、有効期限とっくに切れてるカード持ってるんですよ!」

なんて、軽く言葉を交わしているはず。が、自分はちょっと機械的にしゃべる相手の
言葉にただ返事をするだけ。やっぱり日本人って、赤の他人に対しては常にバリアを張っているのかな。英国人もある意味「表面的」ではあるけれど、彼らのバリアはもっと深いところにある。外側ではなく内部の何処かにある感じ。

さて、仕事探しの方ですが、難航しています。連戦連敗です。厳しさを実感しています。これ以上収入が無い状態はまずいので、さすがに焦って来ました・・・・・

020409-190805=1322 

平成21年4月2日木曜日、Samuraiふれでぃは日本に帰着いたしました。3年と7ヶ月の意外と長かった旅はこれで終わりました。

「日本に戻ったらどう感じるのだろう?」なんて思っていましたが、実際帰ってみて、今のところ特別な感想はありません。無な状態と言えます。しいて言えば、ラッシュアワーのサラリーマンの群衆に圧倒された事くらいでしょうか。

まあ、正月に一時帰国したばかりなので無理も無いでしょう。それに、仕事を辞めてから今日までの一ヶ月間、大変慌ただしい日々を過ごしたので、まだ環境の変化を感じ取るほどの余裕も正直無い気がします。

ただ、一つだけ言える事は、東京とロンドンとの感覚的距離が非常に近くなったということです。頻繁に往復していたこともあってか、今まで遠くに行っていたと言う感覚はもうありません。もしも明日から働く事になり、その仕事場が東京だろうがロンドンだろうが、すぐに対応出来そうです。これはある意味、これまでの3年7ヶ月間のロンドンでの生活での最大の成果かも知れません。

きっとこれから日本の生活にゆっくりと馴染んでいき、新たな発見があるのかも知れません。いや、そうあって欲しい。それらがある限りは、このブログ上に記して行きたいと考えています。

まずは、私のこれまでのロンドンでの活動をこのブログなどを通して支えて下さった皆様に、大きな感謝の気持ちを贈りたいと思います。本当にありがとうございました。

Thank you beautiful people!

最終回に明かされたsamuraiふれでぃの正体 

昨日は会社の送別会がありました。恒例の(?)カラオケ・パーティ! もちろん提案したのは自分です。

以前もお話ししたことがありますが、皆が「カリオーキー」と口にする程こちらでもカラオケは浸透してはいるんですが、経験の無い人がまだ大多数。我がオフィスもほぼ全員未体験だったため、会社を出る時はみんな緊張のせいかやけに静かでちょっと異様な雰囲気でした。しかし、いざ始めてみると次第にみんな楽しさが分かって来て、あっという間に大盛り上がり! まさかの1時間延長!!

先陣切って歌ったろう!と思っていたのが、なんとボスにお株を奪われてしまいました。マイク独占状態。日本のオヤジと大して変わりません。ボスに敬意を表した(?)後は、いつも通り(笑)Embrace の Gravityを歌わせて頂きました。緊張するつもりは無かったのに、出席者が約20人も居たのでさすがに声震えてました。こっちの人たちは日本人と違って、とにかく皆で盛り上がろう! なので、私のバラードはちょっとしらけたかな。

何曲も歌わせてもらったので、もう満足だったのですが、「最後に一曲!」ということになり、勢い余ってSomebody to Loveを入れてしまいました。Queenの曲は気合いを入れないとちゃんと歌えないので、カラオケでは基本的に歌わないようにしているのですが、雰囲気に押されてしまったのかも知れません。しかも、酒が入った状態でこの歌をまともに歌えたためしがありません。

ところが・・・・・自分でも不思議なくらい気持ちよく歌えてしまったのです。大事な場面で誰かが力を貸してくれていると感じる事ってたまにありますが、まさにそんな感覚でした。みんなを驚かせたい、という気持ちがもともと何処かにありましたが、ちゃんと驚いてくれたようです。

帰り道に、ふと思いました。大勢の英国人やヨーロッパ人たちを前にQueenを熱唱!するって、普通にすごい事だなと(我ながら)。そもそも、自分ってこんなキャラじゃなかった、昔は。こんな事が出来たという事だけでも、ロンドンに3年半住んだ価値があるな、と思いました。

ありがとう、フレディ!

ラスト・スパート 

今週いっぱいでロンドンでの仕事もいよいよ終わりです。ラスト・スパート!と言いたいところですが、今日はどうも仕事に集中出来ず。というのも、この土日に引っ越しをしたのです。休みを取れば良いのですが、取ればその分最後の給料から引かれてしまうので、ちょっと無理して。

いや、でもやっぱり、さすがに無理がありました。ヘロヘロです。

引っ越した先は、友人の日本人夫妻宅。が、ビザ更新の為に一時帰国するもなかなか下りず滞在が延び、留守中に勝手に(?)移って来ました。広くていいけど、ちょっと静かすぎます。早く帰って来~い。

ロンドンに来て以来、引っ越しも6回目。でも、これで最後です。

LONDON2012に参画 その4 

今担当しているオリンピック・パーク内の2つの地下水ポンプ施設、一つ目はデザインに自分の意見を組み入れるチャンスもあまりないまま進んで行ったのだが、2つ目の方はちょっと様相が変わって来た。

非常に制約の多い敷地で、もう何案も施主に提示したが、ボスも交えたディスカッションも何度かしたが、どれも条件に合致せずスケジュールも押していた。それがここへ来て、自分が最近提案したデザインで動きつつある。我ながら、納得のいくデザインだ。ある意味「ひらめき」だった。

総括している上司は既にほぼ納得している。明日はボスの意見を伺おうかと思っている。

あと数週間で去る者が、自分の意見を押し進めるのも変な感じはするが、今のオフィスでは良い提案は通る環境だと感じている。それに「自分が提案した案」とは言え、今まで皆で協力してたどって来たプロセスを踏まえて生まれて来たものなのだ。設計は一人でやるものではないのです。

さあ、何とかねじ込むぞ!

stadium.jpg
(スタジアムもこんなに進んで来ました)

(原文:日本語)

'I think I'm going back...' 

LarryLurex_front.jpg
queen_kimono.jpg

4月に日本に戻る事に決めました。

半年程前から、具体的に考え始めていました。一番の理由は、日本にいる相方さんとの結婚を考えていたことと言えるでしょう。そして、その話は順調に進んでいます。

しかし同時に、ある時点から「自分が本当にやりたかった事を達成するには、5年単位で腰を据えないと無理だ」と感じていた事も背景にあります。年齢的に、もう40ですし、そこまでの勇気は何れにしても無かった気がします。

帰国への踏ん切りが着いた事件が12月にありました。遂に昇給があったのですが、自分としては全く納得の出来ない額でした。世界的経済危機の影響を最大限に受けているロンドンで、建築事務所がこぞって雇用者の首を切っている状況下で、多少なりとも給料が上がった事は、本来は喜ぶべきことです。しかし、給料の額云々よりも、自分が所内で未だにそれくらいの位置づけにしかなっていない事に絶望しました。もう、これ以上ロンドンで続けていく意味を、全く見出せなくなったのです。

ただし、途中で諦めて帰る、という感覚はありません。むしろ、短い間においしい所だけを吸収できたのでそれを持ち帰ろう、という意識です。

さて、「自分が本当にやりたかった事」、つまりは「自ら設計した建物をこの地に残す」という目標についてはどうだったのか、という話になるのですが、これについては達成出来たとは言えませんが、短期間でかなり良い所まで来れた実感があります。今担当している物件も、まだデザインが固まってはいませんが、自分の意見やアイデアがかなり取り入れられた形で、オリンピック開会までには実際に建っているかも知れません。

これまで3年半の英国での生活については、今後ゆっくり振り返って行こうと思いますが、現時点で一つ言えること。それは、その年数以上に長かった気がすると言う事です。今の事務所だけを取ってみても、これまでの1年と3ヶ月、日本で働いた13年に比べれば1割にも満たない訳ですが、色々な事が出来たし、2・3年居た様にすら感じられます。

残された勤務期間はまだ1月程あります。正直なところ、帰る事が決定している状態でどの様に取り組むべきかいまいちはっきりしませんが、このブログは今まで通り続けて行きますのでよろしく!

(原文:日本語)

(I’m a) Japanese Man in London 

今日、ロンドンでは18年振りの大雪でした。

snow020209_station.jpg

今朝は予想通り、交通網は大混乱。電車や地下鉄は軒並み遅れや運休、不通の線もありました。そして・・・・・バスが完全ストップ! これは記憶には残っていない程だそうです。

朝のテレビを観ていると、ロンドンでは多くの労働者が出勤を控えるとの事だったので、どうしようか考えていました。すると、すぐそばを走る電車(地上を走る)が動いているのが分かったので、無理して出勤することにしました。途中で、案の定電車の中に1時間も閉じ込められてしまいました。

やっとこ事務所に着くや、ビックリ。

「ほとんど皆居るじゃないか!」

友達のオフィスは休みになったと既に聞いていたし、街も静まり返っていました。しかし、我がオフィスはほぼ平常通り。

「これじゃまるで日本の会社じゃん。」

えらい警報が出ていたし、実際に電車で閉じ込められたし、マジで早く帰った方が良いと思いました。そして、オフィスは遂に4時で終了に。今日は会社に一番遅く着き、一番早く立ち去りました。とても自分が日本人とは思えない日でした。

(原文:英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。