スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V Festival 2008 - Day 1 

遅ればせながらご報告。一人で行くはめになり、キャンプも出来ませんでしたが、楽しい2日間でした。結構色々な人に話しかけられたし、来ている人皆で楽しんでいる、という雰囲気が感じられました。

v-stage.jpg
写真はメインステージであるV Stage。天気も良好! ステージ脇のアンテナの様な物体は、今夜のトリのMuseのセットの一部。UFOを呼びたかったらしい。

4music.jpg
セカンド・ステージの「4 music」。Vの会場は農場ですが、緩やかな傾斜をうまく利用した会場設営で、ステージ遠くからでも見やすい。

jbb.jpg
こちらは「JJB Champion Arena」。フェスの会場内にステージは全部で7個!

maximo1.jpg
Maximo Park@V Stage
16:45-17:30

フェスは昼過ぎに始まりましたが、僕は2時ころ到着し、しばらくは各ステージを視察。最初にまともに観たのがこのMaximo Park。う~ん、元気はつらつ。

stereophonics1.jpg
Stereophonics@V Stage
19:25-20:35

実はこの日一番良かったのは、このStereophonics。10年前の東京でやったフジロックで観たくらいで、特別好きではなかったんですが、とにかくカッコイイ。飾らずに真面目にロックしている感じが良い。独特なしゃがれ声と奇麗に歪んだギターの音のハーモニーが心地よい。音響もばっちりだったのも気に入った要因かも。

muse1.jpg
muse2.jpg
Muse@Vstage
21:15-22:50
この日一番のお楽しみだったMuse。CGを駆使した映像やレーザー光線などで相変わらずの派手な演出・・・・・はいいんだけど。

音がデカすぎ!!

重低音を強調し過ぎていて、なんだか訳が分からない。まるで同時進行でやってたProdigyのライブを観ているかと思うくらい。Matthewの繊細さも感じられない。Stereophonicsのところで、敢えて音響が良かったと書いたのは、こちらがあまりにも酷かったこともあるのです。正直、途中で引いてしまいました。去年のウェンブリーは良かったのになあ。


The Prodigy@4 Music
21:20-22:40

って、22:30に行ったのに終わってんじゃねーか! つうわけで写真なしです。Museでそこそこ前まで行ってしまったので、移動するタイミングを失ってしまったのが敗因。。。おまけに、21日に発売になったライブのチケットも、うっかり取りはぐってしまった。トホホ。

そうそう、ちなみに、こっちのフェスってタイムテーブルがきちっと守られ、ちゃんと予定通りに始まります。

Ian-Brown.jpg
Ian Brown@JJB Champion Arena
21:40-22:55

こちらはなんとか最後の1曲に間に合いました! 既に伝説になりつつある彼を一目でも拝むことが出来て良かった。そういや、Ian Brownも10年前のフジロック@東京以来じゃあーりませんか。あのときは音痴振りに驚いたもんですが、少しはましになってたような(笑)。

いやいや、それにしてもこの3つが同時進行しているなんて、なんて贅沢なフェスなんだろう。だけど、同時進行ゆえ、全部観られないのがミソだけど。

そんなこんなで、第1日目が終了。シャトルバスの乗り場までに道を迷ったりで、家に着いたのは2時でした。かなり歩き回って、病み上がりの足はまさに棒のようです。明日はどうなることやら・・・・・

つづく

(原文:日本語)

スポンサーサイト

いざ、Vへ! 

いよいよ今週末! V Festivalです! The VerveにMuse!

今回のフェスはロンドンに住んでからは初めてのまともな音楽フェスになりますが、V Festivalは2回目になります。初めて行ったのは1998年のこと、そこで2度目の解散間近のThe Verveを観たのでした! 来日を果たすこと無く解散してしまった彼らが遂に初来日したのはつい先日のSummer Sonic。あのときThe Verveを観れたのは本当に貴重でした。

チケットはキャンプ込みの通し券が最初の発売で奇跡的に取れ、友達とキャンプの予定でした。が、しかし・・・・・

バックレられた!!とにかくやつが捕まらない。またしても一人で行くことに! キャンプも諦めざるを得ず。フェスでのキャンプはこれが最後と思っていたのに。あ、歳のせいでね。

その友達のことは少し心配なんですが、他の友達は彼には良くあることだと言っています。な訳で、貴重なチケットを売るはめに。でも、Gumtreeという無料広告・コミュニティ・サイトを通じて、若いイングリッシュの子に売ることが出来ました。ダフ屋とかではなく、フェスに実際に行く人に買ってもらえて良かった。彼の反応は私が広告を載せてからほんの5分後でした! Gumtreeは本当に使える。日本にはまだ無くて残念です。実はeBayというオークションサイトにうまく載せられずにいたのですが、定価で買ってもらえてむしろ嬉しかった! 彼もフェスを楽しんでくれると嬉しい。

そんなこんなで、やっと準備完了! ふくらはぎの肉離れも何とかフェスに行けるくらいには治ったようだ。週末の洗濯も済ませたし! あとは、ちゃんとこの場で(面倒がらず)フェスのことを報告出来ることを願って、行ってきます!

(原文:久々に英語

chelsea vs fenerbahce@stamford bridge 

チャンピオンズ・リーグ、チェルシー対フェナバーチェ(英語発音です)を観てきました!

chelsea080408_1.jpg
15年振りのスタムフォード・ブリッジ! あのときは今より全然オンボロ、アウェイのゴール裏席なんて手摺があるだけの立席だったのに。でも、初めてのプレミアの興奮に酔いしれた場所の、当時の面影を何となく感じる事が出来ました。

そんな話はさておき、なかなか良い試合だったし、2-0(トータル3-2)で勝って準決勝進出! 我らがジョー・コールのはつらつプレーも存分に見れたし、ランパードとバラックのゴールも見れたし、最高でした。あ、私一応チェルシー・サポーターです。モウリーニョが去って、少し冷めかかっていましたが。。。

やっぱり、プレミア(のチーム)の盛り上がりは凄いです。チェルシーともなると場内の合唱も響きが増す気がする。今まで観た試合に比べると男が圧倒的に多く、ドスきいてました。

chelsea080408_2.jpg
そうそう、直前まで気が付かなかったのだけど、フェナバーチェの監督はジーコのおっさんでしたね。あの、全く監督の素質がないジーコさんです。Jリーグ初代王者決定戦で、カズが蹴ろうとしたPKをボールにツバ吐いて妨害した歴史的人物です(皆さん忘れてはいけません!!)。スタジアムのテレビにの姿が映った瞬間、思わず・・・・・あとは想像にお任せしますが、なかなか強いチームでした。

さあ、準決勝は因縁のリバプール戦! この2チームはどういう訳か良く当たる。ちなみに私が初めて観戦したのもこの対戦でした。リバプールも好きなチームだけど、俺はやっぱりチェルシー応援するぞ! C’MON CHELSEA!!

(原文:日本語)

THE VERVE live at roundhouse 

おっと、もう1ヶ月以上も前の事だが、どうしてもこの記事だけは見送りたくないので・・・

verve2.jpg

The Verve
venue: Roundhouse, London (Chalk Farm)
date: 9th Dec 2007
time: 9:00 - 11:00 pm
support: None


やった、なんとThe Verveを観た! とにかく信じられない!! 1999年の初頭に彼らが解散して以来、最近の再結成のサプライズ表明までは、彼らのライブをまた観るなどとは夢にも思わなかった。

前にも書いた通り、以前V98というフェスでの彼らのステージを観るためわざわざリーズという北の都市まで(日本から)追っかけたことがある。しかし、解散を前に既にギターのニックが抜けてしまっていたため、ライブは何か物足りなかった。そして彼らは、来日を切望する(署名運動まで起きた)大勢の日本のファンの前には、遂に一度も現れる事は無かったのだ。

そして今回・・・最高のステージ! 以前観た物とは明らかに何か違っていた。驚くほど強力で衝撃的、かつ今まで自分が持っていたThe Verveのイメージとも違っていた。彼らは実はライブ・バンドだったのだ! なんと、演奏は2時間にも渡った! ロックするのにもまだまだ十分若いぞ。

verve1.jpg

リチャード・アシュクロフトがステージに現れるや、やられてしまった。彼はとにかく・・・格好いい! 格好良すぎ!! 何なんだこの男!!!

それと、会場も素晴らしかった。Roundhouseは最近改装されたライブハウスで建築の賞も取っていて、もともとは蒸気機関車のターミナルなのだ(一般的にラウンドハウスと言われ、通常汽車を転回させるターンテーブルを収用する)。風変わり、というだけでなく、内装もかなりいい感じ! これぞイングランド!! これぞThe Verve!!!

つづく!!

ERASURE LIVE at Royal Albert Hall 

これは私にとって今年の最重要イベントの一つ・・・始めてのイレイジャーのフルのコンサート、そして始めてのロイヤル・アルバート・ホール!!

Erasure ‘Light at the End of the World Tour 2007’
Date: 25 Sep 2007
Venue: Royal Albert Hall, London
Support: One Two

erasure_albert1.jpg
erasure_albert3.jpg
erasure_albert2_20071001050600.jpg

1988年に ‘A Little Respect’ の虜になって以来、僕はずっと彼らの大ファンである。しかしながら、1989年の東京でのライブを逃して以来、ロンドンに来るまでは彼らを見るチャンスは全くなかった。幸運な事に、去年彼らのアコースティック・ライブで始めて彼らを見ることが出来た。そのショーは最高だったし、大満足だった。でも正直言うと、普通のライブではなかった分ちょっと物足りないところはあった。そして、遂に、その時は来たのだ!

もう一つの楽しみは会場だった。ロイヤル・アルバート・ホールは建築的には特別評価が高い訳ではないが、僕はその風貌が気に入っている。それはおそらく、1993年に始めてロンドンに来た時の最初の日に出くわしたからだろう。そこでのクラシック・コンサートはテレビで時々見かけるが、いつもいつか行ってみたいと思っていた。

ショーは至ってシンプルだった。最も興味深かったのはバンド・・・基本的にバンドはおらず、小さなコンピューターのセットがあるのみだった。全ての演奏はヴィンスが行い、マックブックと小さなキーボードの様な物、それとギターが少し使われていた。シンガーのアンディは大のカラオケ好きだが、このライブもある意味カラオケ・ショーという感じだった。彼らはエレクトリック・ポップ・バンドであるから、それはむしろ正直で良いと思った。

僕も歌って楽しんだ。80’s 90’sの彼らのヒット曲に合わせて。彼らの歌は、昔家や車の中でしょっちゅう歌っていたので、歌詞はほとんど覚えている。俺みたいにイレイジャー曲を歌える日本人は他には居ないはず!

A Little Respectが始まると、何故か泣いてしまった!やっぱりこの曲は特別なのだ。もちろん周りも大合唱!!聞いた事も無いというあなた、是非聴いてみて!!

The Verve 再結成! 

信じられない!!! The Verve が再結成!

ashcroft9.jpg

*photo taken at Richard Ashcroft concert in June 2006 at Old Trafford Cricket Ground Manchester

続きを読む

muse@supermassive wembley (continued) 

muse0.jpg

muse1.jpg

wembley_night.jpg

とにかく桁外れ。もうただのコンサートというより、宇宙時代のエンターテイメント。MUSEは現時点で、あの新ウェンブリー・スタジアムの大観衆を震撼させられる唯一のバンドだ。

これ以上言う事は特に無い。自分も極自然に盛り上がり、ずっと飛び跳ねていた、今まで無かった程に。凄く心地よかった。

親愛なるフレディも、彼の聖地でプレイしたこのバンドに納得しているに違いない。

muse@supermassive wembley 

Awesome!!!!!(訳せません)

wembley_internal.jpg

muse2.jpg


MUSE Live@Wembley Stadium
Date: 17 Jun 2007

記事と追加の写真をもうすぐ載せます!

manic street preachers live at forum 

manics.jpg
遂に、”REAL”なマニックスを体験!!!

Date: 29th May 2007
Venue: Forum (Kentish Town)
Support: The Enemy

続きを読む

OMD live - ‘architecture & morality’ 

最高でした!

OMD (Orchestral Manoeuvres in the Dark)
‘architecture & morality’
date: sat 19 may 2007
venue: hammersmith apollo
omd1.jpg
omd2.jpg

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。