スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一音符一音節の原則 (Dedicated to ... TK) 

(実際別の正しい言い方があるのかも知れませんが・・・)

これは英語の歌の話です。いつか話したいと思っていた話題です。

英語をメロディにのせる時、基本的には一つの音符に対して一つの音、つまりは一つあるいは一組の母音を含む音節、が付くのが普通なのです。具体的な例を挙げて説明すると、

♪We are the champions

と歌うときは、

We / are / the / cham / pions

と、5つの音節、つまりは5つの音符が存在することになります。“pions”はちょっと長いように感じますが、英語の音節としてはこれでひとつです。

ロックやポップスの場合、日本語に比べて英語の方がリズムに乗せやすいということを理論的に説明した人が居る、と聞いたことがあります。普通の会話でも英語の方がリズミカルだ、などということは、英語を特に使っていない人でも何となく分かると思いますが、要はそういうことだと思います。つまり、英語はもともと軽快なメロディに乗せやすいのです。逆に言うと、ロックやポップスは英語から生まれた訳ですがね。

日本においても、歌の中に英語のフレーズを盛り込むのは今や極普通のことです。これはもちろん、横文字をメロディに乗せることによって歌がよりリズミカルになるからだと思います(スピッツなんかは、日本語のはっきりとした音の利点を強調していて、例外と言えますけどね)。

ところが、大きな勘違いをした人がいます。その人の名は・・・・・



小室哲哉。


飽きる程のヒット曲を生み出した彼も、コーラス部分には必ずと言って良い程英語を使っていました。しかし、その多くは使い方を間違っていて、よく思わず吹き出したものです(笑)。よりリズミカルにする為のはずの横文字が、なんだか違和感のある使い方がされていたのです。私は彼の音楽をちゃんと聴いたことは無いのであまり思い出せないのですが、記憶の範囲で例を挙げて説明すると・・・

安室奈美恵さんの歌でコーラス部分に、

“Body feels exit
“ここからずっと待っていたいよ(???)
“Body feels excite…

とかなんとかいうのがありました。これらの音節を敢えて「発音記号っぽく」表記すると、

bo / di: / fi:lz / eg / zit (または ek / sit)
bo / di: / fi:lz / ek / sait (または ik / sait)

となります。(なんだか、そもそも英語として意味不明ですが)実際にはそれぞれ最後の部分が

“e / gu / zit”
“e / ki / sait”

なんて感じで歌われてました。よりによって2行とも間違い。音節の数が本来の英語の音よりも多く、英語とも日本語ともつかない歌い方で歌われていた訳です。これでは、日本語の歌の中に敢えて英語を盛り込む本来の意味が全く無くなっています。「日本人の歌なんだから別にいいんじゃないの」という友人も居ました。でも、仮にもプロだったら、音をどうやって音符に乗せようかとか、辞書を見るなりして真剣に考えるはずじゃないかと。

要は彼の場合、英語のフレーズは単に格好良く見せかける目的で使った訳ですね。言ってみれば、訳の分からない横文字を連ねて格好良く見せかけているTシャツみたいなものです(ちょっと言い過ぎか、ハハハ)。

それは抜きにしても、実際彼の作った歌で「いい」と思った曲は一つもありません。普通、嫌いなアーチストでも、まあまあと思う曲が一曲くらいはあるものだけど。でも、彼の楽曲があれだけヒットする理由は何となく理解は出来ていましたよ。ま、私には彼は初めっからただのヒット曲製造機だった訳です。本当にクリエイティビティのある人だったら、あんなみじめな落ちぶれ方はしないよね?

スポンサーサイト

'GORE let it out' 

20070801001109.jpg
近頃はちょっと硬い話題が多かった気がするので、今日は「ブリティッシュ・イングリッシュ」(敢えてイギリス英語とは言いません)についてでも書こうかと思います。

とは言え、ブリティッシュ・イングリッシュって何でしょ? いわゆる「クイーンズ・イングリッシュ」? それともベッカムが話す様な英語? どうやら定義は無いような感じです。ある英語の先生は「英語に標準語という物は存在しない」と言っていました。英国で暮らしてもうすぐ2年、例えば発音一つとっても色々な種類があることがだんだん分かってきました。

ある人の話し振りから、ある程度どの辺の出身か見当がつくようになって来ました。ロンドンっ子の「コックニー」なまりや北の方のアクセントもだいたい判断がつきます。

近頃は北の方のアクセントに興味があります。そのきっかけの一つは以前このブログでも紹介した ‘Life on Mars’ というTVドラマです。その話はマンチェスターが舞台で、出演者の話し言葉は非常に分かりにくいものでした。例えば、『オウ』の発音が『オー』に近いのです(というか、英国では「標準的」に『オウ』は『アウ』により近く、『ア』は気が抜けた様な感じ)。オアシスの曲を注意深く聴けば、その違いが分かります。リアム・ギャラガーは ‘Go Let It Out’ を歌うとき、『ゴウ』でも『ガウ』でも無く、『ゴー』と言っています。

私は未だに時々『オウ』と『オー』を混同するので、これは興味深い発見でした。オアシスやザ・ヴァーヴといった北イングランド出身のバンドも良く聴くので、それが混同の原因かも知れません。言い換えれば、『オウ』と『オー』を混同しようがたいていは理解してもらえるので、大した問題ではないのですね。

今回の例は、私が今までに気が付いたブリティッシュ・イングリッシュの多様性のほんの一例に過ぎません。なので、これからも時々お話し出来たらと思います。

pet shop boys, actually/freddie mercury, literally? 

PetShopBoys-actually.jpg
Literally - この単語はこれまでで最も意味のつかめないものである。多くのイングリッシュ達がこの言葉を良く使うことに、だいぶ前に気が付いた。ところが、未だにその正確な意味が分からない。このブログでは既に使ってみたりはしたのだが。その単語は主に中産階級のイングリッシュの間で主に使われている様な気がする。

続きを読む

画期的英語学習ツール 

「どうしてこんなに話せないのだろう?」

と思うことはしょっちゅうですが、気持ちを楽にする良い薬があります。

「日本人にとって英語が難しいのは当たり前。」

英語を少しでも習ったことがある人なら分かるはずですが、日本語とは文の構造が全く違います。発音も著しく違うし、使う文字も全く違う。フランス人、ドイツ人、スペイン人、イタリア人・・・彼らに比べたら日本人にとっての方が全くもって難しいに決まっています。

「国家の品格」を最近読みましたが、著者の藤原さんによれば「思考は言語」だそうです。何かものを考えるときに、言語がそのベースとなるのです。ということは、何か言葉を発しようとする時、日本人であれば日本語を使って思考をした上でそれを声にする。逆を言えば、まともに英語で会話するためには、思考も英語でしなければならないのです。頭を英語モードにしなければならないのです。これが外国語の最も難しいところでしょう。一般に英語を学び始める中学生ともなれば、その「思考」という行為は既に固まっているので、それから一生懸命英語を勉強したところでそう簡単にはマスター出来ないわけです。日本語と同じように英語も体で覚えようとしたってもう無理。ましてや、30代の私が、英語を流暢に話すために英語による「思考」を完璧にしようとしたって、到底無理でしょう。

ではどうしたら良いのでしょう。良く日本の英語教育、特に受験英語などは役に立たないと言われます。しかし、大人になってから学ぼうとするのであれば、ある程度理論的に覚えるしか無いのではないでしょうか。英会話学校などではとかくネイティブとコミュニケーションをとることが重要視されていますが、本気で学ぶなら文法から始めるのが上達への近道、という意見を聞いたことがあります。実際、私の場合も中学・高校時代に真面目に勉強した文法が、今の英会話の基礎になっているのは間違いありません。それが日本人にとっての英語の正しい勉強法なのかも知れません。

私は「テストで点は取れるけど話せない」という典型的な日本人なわけですが、理論的には理解している英語をどう使うのか、その術を身につけることが今の課題かと思います。英語による「思考」をどれだけ可能に出来るか、それこそがカギかも知れません。多少なりとも会話が出来ている(一応仕事がどうにかなっている)訳ですから、少しは「思考」も出来てはいるのでしょうが。そのためには、普段からとことん英語漬けにする必要があるでしょう。日本人以外とフラットシェアしたり、日本人のフラットメイトとも英語で話したりと、今までも努力はしてきました。最近は、「BBC4」という、NHK第2のようなラジオを聴く、いえ、聞くようにしています。

ところで、このようにブログを書いている時は、「思考」はどうなっているのでしょうか? もちろん、頭ん中バリバリ日本語です。でもブログを書くことは、自分のモチベーション・アップなどに非常に役立つので、やめる気は毛頭ありません。ならば、最大限に利用してみては?????

という訳で、前置きが非常~に長くなりましたが、これからはブログは英語で書くことにします。そして、日本の皆さんにもそれを読んで頂けるよう「和訳」をし、このページにはそれを掲載していこうと思います。英語版に興味がある方はそちらを見て頂き、そうでない方は今まで通りこちらの「和訳版」をご覧下さい。英語版には、是非とも英人からのコメントを期待したいところです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。