スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2007年10月」 

これは今月最初で最後の書き込みだ。実は、今月は毎日でも書くことが出来た・・・あまりにも色々な事があった。この一ヶ月で私の生活は劇的に変化したのだ。

重要なことの一つと言えば、私は11月12日から仕事を変えるのである。このブログにもこれまで仕事場での葛藤などを書いて来たが、遂に今の事務所を去る事にしたのだ。環境を変える必要を感じたからだ。目標の達成のためには、これが今出来る最良のことだと考えた。全く幸いな事に、次の仕事はすぐに見つけることが出来た。そこは私の最も親しい英国人の友人NY氏の働く事務所だ。

今の事務所では私は着実に進歩していたし、以前よりだいぶ自信もついて来ていた。英語を使う事も含めこの国の仕事に慣れるに従い「元に戻って来ていた」、とむしろ言うべきかもしれない。しかし、あるとき「雰囲気」を変える事の難しさを感じ始めた。私自身が短い間に変わっても、回りが私をどう見るかはそれには追いつかなかったようだ。

特に、ボスに私の経歴について妥当な理解を得るのは本当に難しかった。最近彼と話した時は愕然とした。「僕は君が日本で素晴らしい経験をしてきたってこと知ってるよ。建設会社で働いていたんだよね?」だと。何て答えろって言うんだ!?

また、私は自分がその「雰囲気」に甘えてしまいがちで、時々挑戦することすら忘れてしまっているという事実に気が付いた。もし仕事を変えれば、今より高い位置から新しいスタートを切り、また同時に自分自身にプレッシャーをかける事も出来るのではと考えた。

NY氏は私の最良の理解者であるので、一緒に働くのは名案だと私は考えた。結果、彼の会社での面接では、彼らは私の経歴や私がやりたいことについて非常に良く理解してくれた。NY氏が推薦してくれた事が大きく影響したに違いない。彼らはより責任のある仕事や良い条件を提示してくれている。そう、今私は新たなスタート地点に上がって行こうとしている!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。