スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V Festival 2008 - Day 1 

遅ればせながらご報告。一人で行くはめになり、キャンプも出来ませんでしたが、楽しい2日間でした。結構色々な人に話しかけられたし、来ている人皆で楽しんでいる、という雰囲気が感じられました。

v-stage.jpg
写真はメインステージであるV Stage。天気も良好! ステージ脇のアンテナの様な物体は、今夜のトリのMuseのセットの一部。UFOを呼びたかったらしい。

4music.jpg
セカンド・ステージの「4 music」。Vの会場は農場ですが、緩やかな傾斜をうまく利用した会場設営で、ステージ遠くからでも見やすい。

jbb.jpg
こちらは「JJB Champion Arena」。フェスの会場内にステージは全部で7個!

maximo1.jpg
Maximo Park@V Stage
16:45-17:30

フェスは昼過ぎに始まりましたが、僕は2時ころ到着し、しばらくは各ステージを視察。最初にまともに観たのがこのMaximo Park。う~ん、元気はつらつ。

stereophonics1.jpg
Stereophonics@V Stage
19:25-20:35

実はこの日一番良かったのは、このStereophonics。10年前の東京でやったフジロックで観たくらいで、特別好きではなかったんですが、とにかくカッコイイ。飾らずに真面目にロックしている感じが良い。独特なしゃがれ声と奇麗に歪んだギターの音のハーモニーが心地よい。音響もばっちりだったのも気に入った要因かも。

muse1.jpg
muse2.jpg
Muse@Vstage
21:15-22:50
この日一番のお楽しみだったMuse。CGを駆使した映像やレーザー光線などで相変わらずの派手な演出・・・・・はいいんだけど。

音がデカすぎ!!

重低音を強調し過ぎていて、なんだか訳が分からない。まるで同時進行でやってたProdigyのライブを観ているかと思うくらい。Matthewの繊細さも感じられない。Stereophonicsのところで、敢えて音響が良かったと書いたのは、こちらがあまりにも酷かったこともあるのです。正直、途中で引いてしまいました。去年のウェンブリーは良かったのになあ。


The Prodigy@4 Music
21:20-22:40

って、22:30に行ったのに終わってんじゃねーか! つうわけで写真なしです。Museでそこそこ前まで行ってしまったので、移動するタイミングを失ってしまったのが敗因。。。おまけに、21日に発売になったライブのチケットも、うっかり取りはぐってしまった。トホホ。

そうそう、ちなみに、こっちのフェスってタイムテーブルがきちっと守られ、ちゃんと予定通りに始まります。

Ian-Brown.jpg
Ian Brown@JJB Champion Arena
21:40-22:55

こちらはなんとか最後の1曲に間に合いました! 既に伝説になりつつある彼を一目でも拝むことが出来て良かった。そういや、Ian Brownも10年前のフジロック@東京以来じゃあーりませんか。あのときは音痴振りに驚いたもんですが、少しはましになってたような(笑)。

いやいや、それにしてもこの3つが同時進行しているなんて、なんて贅沢なフェスなんだろう。だけど、同時進行ゆえ、全部観られないのがミソだけど。

そんなこんなで、第1日目が終了。シャトルバスの乗り場までに道を迷ったりで、家に着いたのは2時でした。かなり歩き回って、病み上がりの足はまさに棒のようです。明日はどうなることやら・・・・・

つづく

(原文:日本語)

スポンサーサイト

いざ、Vへ! 

いよいよ今週末! V Festivalです! The VerveにMuse!

今回のフェスはロンドンに住んでからは初めてのまともな音楽フェスになりますが、V Festivalは2回目になります。初めて行ったのは1998年のこと、そこで2度目の解散間近のThe Verveを観たのでした! 来日を果たすこと無く解散してしまった彼らが遂に初来日したのはつい先日のSummer Sonic。あのときThe Verveを観れたのは本当に貴重でした。

チケットはキャンプ込みの通し券が最初の発売で奇跡的に取れ、友達とキャンプの予定でした。が、しかし・・・・・

バックレられた!!とにかくやつが捕まらない。またしても一人で行くことに! キャンプも諦めざるを得ず。フェスでのキャンプはこれが最後と思っていたのに。あ、歳のせいでね。

その友達のことは少し心配なんですが、他の友達は彼には良くあることだと言っています。な訳で、貴重なチケットを売るはめに。でも、Gumtreeという無料広告・コミュニティ・サイトを通じて、若いイングリッシュの子に売ることが出来ました。ダフ屋とかではなく、フェスに実際に行く人に買ってもらえて良かった。彼の反応は私が広告を載せてからほんの5分後でした! Gumtreeは本当に使える。日本にはまだ無くて残念です。実はeBayというオークションサイトにうまく載せられずにいたのですが、定価で買ってもらえてむしろ嬉しかった! 彼もフェスを楽しんでくれると嬉しい。

そんなこんなで、やっと準備完了! ふくらはぎの肉離れも何とかフェスに行けるくらいには治ったようだ。週末の洗濯も済ませたし! あとは、ちゃんとこの場で(面倒がらず)フェスのことを報告出来ることを願って、行ってきます!

(原文:久々に英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。