スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回に明かされたsamuraiふれでぃの正体 

昨日は会社の送別会がありました。恒例の(?)カラオケ・パーティ! もちろん提案したのは自分です。

以前もお話ししたことがありますが、皆が「カリオーキー」と口にする程こちらでもカラオケは浸透してはいるんですが、経験の無い人がまだ大多数。我がオフィスもほぼ全員未体験だったため、会社を出る時はみんな緊張のせいかやけに静かでちょっと異様な雰囲気でした。しかし、いざ始めてみると次第にみんな楽しさが分かって来て、あっという間に大盛り上がり! まさかの1時間延長!!

先陣切って歌ったろう!と思っていたのが、なんとボスにお株を奪われてしまいました。マイク独占状態。日本のオヤジと大して変わりません。ボスに敬意を表した(?)後は、いつも通り(笑)Embrace の Gravityを歌わせて頂きました。緊張するつもりは無かったのに、出席者が約20人も居たのでさすがに声震えてました。こっちの人たちは日本人と違って、とにかく皆で盛り上がろう! なので、私のバラードはちょっとしらけたかな。

何曲も歌わせてもらったので、もう満足だったのですが、「最後に一曲!」ということになり、勢い余ってSomebody to Loveを入れてしまいました。Queenの曲は気合いを入れないとちゃんと歌えないので、カラオケでは基本的に歌わないようにしているのですが、雰囲気に押されてしまったのかも知れません。しかも、酒が入った状態でこの歌をまともに歌えたためしがありません。

ところが・・・・・自分でも不思議なくらい気持ちよく歌えてしまったのです。大事な場面で誰かが力を貸してくれていると感じる事ってたまにありますが、まさにそんな感覚でした。みんなを驚かせたい、という気持ちがもともと何処かにありましたが、ちゃんと驚いてくれたようです。

帰り道に、ふと思いました。大勢の英国人やヨーロッパ人たちを前にQueenを熱唱!するって、普通にすごい事だなと(我ながら)。そもそも、自分ってこんなキャラじゃなかった、昔は。こんな事が出来たという事だけでも、ロンドンに3年半住んだ価値があるな、と思いました。

ありがとう、フレディ!

スポンサーサイト

ラスト・スパート 

今週いっぱいでロンドンでの仕事もいよいよ終わりです。ラスト・スパート!と言いたいところですが、今日はどうも仕事に集中出来ず。というのも、この土日に引っ越しをしたのです。休みを取れば良いのですが、取ればその分最後の給料から引かれてしまうので、ちょっと無理して。

いや、でもやっぱり、さすがに無理がありました。ヘロヘロです。

引っ越した先は、友人の日本人夫妻宅。が、ビザ更新の為に一時帰国するもなかなか下りず滞在が延び、留守中に勝手に(?)移って来ました。広くていいけど、ちょっと静かすぎます。早く帰って来~い。

ロンドンに来て以来、引っ越しも6回目。でも、これで最後です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。