スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新章へ 

4年間の留守中に「ハウスシェア」が広く一般に認知される様になっていて驚いた。渡英する以前も、日本でも共同生活する若者が居るという話を耳にしたことはあったが、ロンドンでそれを実体験して戻ってみれば、テレビドラマの設定に使われる程になっていた。お年寄りと女子大生が助け合いながら暮らしている、という事例もテレビで見た。

赤の他人同士が生活を共にするなんて、私自身やってみる前は考えられなかったものだが、実際には非常に有意義な生活を送ることが出来た。何より、「人間らしく生きる」ことが出来る。人間は誰かと生活を共にしないといけないんだ、と肌で感じた。

また、経済的であり合理的である。一人暮らしより家賃が安く済む上、個室以外は共用となるので相対的なエネルギー消費が減り、結果地球環境にもやさしい。広いリビングや庭などもあれば、よりのびのびと暮らすことが出来る。

人間性を疑いたくなる様な事件が続発するこのごろ、ハウスシェアが豊かな人間性を育むために一役買うことも出来るのではなどと良く考える。欧米のスタイルをそのまま当て嵌めるわけにはいかない部分もあるだろうが、「日本的ハウスシェアスタイル」を確立することは可能だと思う。

では、建築的にはどうなんだろう? 物理的には、既存の住宅に少し手を加えることで、場合によってはそのままでも使用可能だろう。むしろ、管理・運営などのソフト面に目を向ける必要がある。逆を言えば、我々設計をする者たちにとっては、残念ながら儲かる様な話にはなりにくそうだ。しかし、だからといって興味を失うことはない。なにも、お客さんの要望どおりに設計をするだけが建築士や建築家の仕事ではない。

さて、3ヶ月以上に渡って仕事を探していたが、このご時世にあって希望する様な設計の仕事を見つけるのは至難の業だということが分かった。そんな中、上記のハウスシェアのことなどを時々考えているうちに、なにも設計にこだわる必要は無いのではないか? とも考える様になった。

その結果、とも言い切れないが、遂に決まった新しい仕事は設計ではない。新しいものをつくるのではなく、今あるものを活かすという立場になる。と言っても、リノベーションが主という訳ではなく、どちらかというと裏方的仕事のようだ。もちろん、ハウスシェアの提案をしている訳もない。ただ、そのような類いの仕事は「やり方次第」だとは言われている。とにかく、建築というものに今までとは少し違った角度からアプローチし、何か新しいことに取り組む糸口を探してみることにした。

ところで、メディア上で「ルームシェア」という言葉が「ハウスシェア」と同じ意味で使われることがあるが、私的には「ルームシェア」は個室(寝室)を共有することだ。ロンドンでは実際に「ハウスシェアでルームシェア」している友人が居た。まだ定義自体あいまいなのだろうが、この二つは意味が全く異なるので絶対使い分けるべき。

あっ、そういや自分自身ルームシェアした時期もあったじゃないか!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。