スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

life on ‘life on mars’ 

lifeonmars.jpg
火曜日の夜、「ライフ・オン・マーズ」という私が最近はまっているドラマの最終回を観ました。主演のJohn Simmがめちゃカッコいい!! ドラマは、マンチェスター警察のチーフ刑事が、車にはねられ目覚めると1973だったという設定です。彼は自分が過去へタイムスリップしたのか、それとも昏睡状態なのか、ただ単に狂ってしまったのかも分からない。30年前の全く違った環境での刑事の仕事で苦労しつつ、家に帰る方法を模索します。


今回のシリーズ2は、1年前に放送されたシリーズ1に続くものでした。シリーズ1で何話かをたまたま観て、とても面白いと思ったのでした。なまりが強く話には今一着いて行けませんでしたが、ドラマの雰囲気は最高でした。70’sの心地よい雰囲気、ワイルドだけど人間くさいデカたち、それに70’sのノリの良い音楽・・・。

そう、音楽もこのドラマの大事な要素。お分かりの方もいるかも知れませんが、タイトルはデヴィッド・ボウイのヒット曲’Life on Mars’から来ていて、それがテーマソングになっています。1973年はグラム・ロック全盛期、T-RexやSweetといったグラム・バンドの曲がたくさん使われています、大音量で!

めちゃウザかった前のフラットメイトのせいで全回を観ることは出来ませんでしたが、最終回は凄く良かったです。何とも「納得のいく」終わり方でした。かなりハッピーエンドだったと思いましたが、終わってしまったのがちょっと寂しく思えました。1973年のその世界にずっと居たかった気がして。

実は最近、シリーズ1の全作集DVDを買ったのです。それを連日のように観て、ボウイを毎日聴いています。日本でも放送されたらいいのに、絶対に当たると思います。本当に最高です!

スポンサーサイト

コメント

それってこの間かっこいいって言ってたドラマだよね?
デヴィッド・ボウイってカルチャークラブだっけ?

違います〜っ!

>まゆこ様

はじめまして、こん**は。70年代ロックが好きで、ふれでぃさんのバンドでドラムを叩いています。

デヴィッド・ボウイは、グラムロック…というかロック界を代表するミュージシャン(主にボーカル)の一人で、基本的にはソロアーティストです。

カルチャークラブのボーカリストは、ボーイ・ジョージです。

お間違いなきよう、よろしくお願いいたします。

私はシリーズ途中敢無く帰国。
私の好きなやつは多分第1シリーズのマンUとシティーのファン同士の争いがきっかけで話が展開していく回の!!
最終回を迎えたのは知っていたんですが・・・内容はまだチェックしてません。イギリスに戻る時の楽しみの1つです!!

そうそう「withnail and I」っていう映画知っていますか?

MEWさん、私に代わって解説ご苦労さまでした。

日本語で書くから紛らわしいのでしょうか?

DAVID BOWIE

BOY GEORGE

MEWさんのカタカナ表記のごとく、発音もそれぞれ違います。

MEWさん、まゆこさんはボウイはもとよりカルチャー・クラブよりも後に世に出て来た人なので、ご了解を。

あ、まゆこさん、そう、言っていたドラマです。

> えっこさん
おお、Life on Marsを見ていたのですね!
マンチェスター・ダービーの回、ちょうどDVDで見て、テレビでも見たことを思い出しました。良いお話でしたね。最後にサムが「今回は1枚しか無いけど」と言って、笑顔で少年にチケットをあげるシーンが大好きです。

その映画は聞いたこと無いです。。。

  • [2007/04/23 21:32]
  • URL |
  • samuraiふれでぃ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ぜひ観てください。
結構古いイギリス映画なんですが、よかったです。(英語字幕で何とか分かる程度でしたが…ははは、けど感動なんです。泣けちゃいました。)
イギリスの若者には代々受け継がれている映画の一つだと思ってます。

なるほど、今度チェックしてみます。

  • [2007/05/02 23:07]
  • URL |
  • samuraiふれでぃ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/21-c56a5844

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。