スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'GORE let it out' 

20070801001109.jpg
近頃はちょっと硬い話題が多かった気がするので、今日は「ブリティッシュ・イングリッシュ」(敢えてイギリス英語とは言いません)についてでも書こうかと思います。

とは言え、ブリティッシュ・イングリッシュって何でしょ? いわゆる「クイーンズ・イングリッシュ」? それともベッカムが話す様な英語? どうやら定義は無いような感じです。ある英語の先生は「英語に標準語という物は存在しない」と言っていました。英国で暮らしてもうすぐ2年、例えば発音一つとっても色々な種類があることがだんだん分かってきました。

ある人の話し振りから、ある程度どの辺の出身か見当がつくようになって来ました。ロンドンっ子の「コックニー」なまりや北の方のアクセントもだいたい判断がつきます。

近頃は北の方のアクセントに興味があります。そのきっかけの一つは以前このブログでも紹介した ‘Life on Mars’ というTVドラマです。その話はマンチェスターが舞台で、出演者の話し言葉は非常に分かりにくいものでした。例えば、『オウ』の発音が『オー』に近いのです(というか、英国では「標準的」に『オウ』は『アウ』により近く、『ア』は気が抜けた様な感じ)。オアシスの曲を注意深く聴けば、その違いが分かります。リアム・ギャラガーは ‘Go Let It Out’ を歌うとき、『ゴウ』でも『ガウ』でも無く、『ゴー』と言っています。

私は未だに時々『オウ』と『オー』を混同するので、これは興味深い発見でした。オアシスやザ・ヴァーヴといった北イングランド出身のバンドも良く聴くので、それが混同の原因かも知れません。言い換えれば、『オウ』と『オー』を混同しようがたいていは理解してもらえるので、大した問題ではないのですね。

今回の例は、私が今までに気が付いたブリティッシュ・イングリッシュの多様性のほんの一例に過ぎません。なので、これからも時々お話し出来たらと思います。

スポンサーサイト

コメント

っていうか、これでも十分硬い。我ながら。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/38-bfa575a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。