スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下がやって来た 

今日、部下が出来た。当面は、私が担当しているプロジェクトの図面作成などの作業を担当させるそうだ。つまり、私の指示の基に働かせる事になるのだ。

まだ職務経験一年程の人で、私の経験年数を考えれば部下として扱うなんてまあ当然のことだが、何せこちらではまだまだ分からない事も多いし、何より言葉の壁がある事は否めない。それに、思い起こせば私は日本で働いていた頃も、会社が新入社員をほとんど採用しなくなっていた関係で、手下と言う手下を持った経験が無い。経験の有無は別としても、正直誰かに指示を出して作業をさせるのは得意ではない(それではアーキテクトは務まらないのだが 笑)。ましてや、英語で指示を出すと言うのはやはり楽な物ではない。

いや、待てよ。部下と呼べる部下が一人だけ居た! しかも、その人には英語で指示をしたりしていたじゃないか!! それは・・・・・ネパールに1年駐在したときのこと、事務員さんを一人雇っていたのだ。建築に関わる仕事をさせていた訳ではないが、時々とんでもないチョンボをしでかす彼女には日々悩まされつつもなんとか切り抜けたのだ。それを思えば、今回の方がよっぽど楽なのかもしれない。

それでも、今日は普段の倍疲れた気がする。今週は作業がたくさんあり、今までに無くハードな1週間になりそうだ。しかし、幸い彼女はとても素直だし、私の苦手なタイプではないようだ。そして何より、彼女がネイティブではない分やりやすいのは大きな救いだろう(笑)。

(原文:日本語)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/53-4a266daa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。