スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話に出てみよう 

先週のこと、たまたま電話番をすることになり、いや、するはめになったのだが、1時間に10件近く対応し、結果仕事への集中力を完全に失ってしまった。もうその日は帰ろうかと思ったくらいだった。

電話の応対なんて、こちらで働き始めた頃など全く守備範囲外だと思っていたが、近頃はなんとかこなせるようになって来た。二人居る事務職員がたまたま席をはずしている時など、時々取るようにしている。訓練のつもりで。自分の席が彼女らの目の前ということもあるのだが。

先週はその事務職員の一人、いつも電話にでる子が体調不良で3日間休んでしまった。しかも、事務の二人が居ないときにたいてい出てくれる隣のS君がホリデーで不在だったのだ。そんな中残った一人の事務の子が言葉もなく1時間程外出してしまい、私が電話番をするはめになったのだ。母国語だって難しい時があるのに、英語の電話対応となればやはり大変だ(お前には無理だからもう出るな、と言われた友人も居る)。その電話番のあとは、いつもと違う種類のストレスでくたくたになってしまった。

自分は何故か代表電話の目の前に座っているのだが、入社当時はひたすら無視していた。無視してていいよ、と言われたし。しかし、目の前で鳴っていてしかも同じ島に自分しか居ない事を分かっておきながら、無視し続ける程私も器用ではない。そうやって時々出るようになったわけだが。

改めて実感したが、概してヨーロッパの人々は日本人の様な「助け合いの精神」というものを持ち合わせていない(町中で困った人を助けるのとは話が違う)。自分の責任範囲のこと以外には手を出さない、と割り切っているようだ。例えば、すぐ後ろに座っている社会人一年目の女の子などは、何があっても絶対に出ない。ネイティブなのに。ロンドンで地震は起きてもその子が電話に出る事は無いのである。まるで石。ネイティブ石。若い子が出る、という暗黙の了解もこちらでは存在しないのだ。そして、だいたい出るのは決まったメンバーになってくる。実は隣のS君は香港出身、というオチである。さらには、一度自分が対応し始めると、他の誰一人として出ようとしなくなる事を実感した。「ネイティブのお前らが出ろよ!」とでも言いたくなる。

基本的に、各自が業務の責任範囲の意識をもっているようであるのに、事務員が電話対応について完全に責任を負っているようではない。大げさだが、この曖昧さの被害者が私であり、S君なのだ。日本人のように臨機応変に出来ないのであれば、ルールを作るべきだ。ということで、この不満を少し上司に話してみた。結果、事務員から「電話対応に協力してくれ」というメールが全員あてに送られた。

やれやれ、S君も戻って来た事だし、とりあえず一件落着か。ただ、自分としては今回の事は比較的ポジティブに受け止めている。苦労しながらもいろんな種類の電話の対応をし、少しは自信が付いた。そして、周りがどんなにヨーロッパ的な環境であっても、日本人の精神というものに常に誇りを持っていたい。

(まあ、日本でも出ないやつは出ないけどな)

スポンサーサイト

コメント

ふれでぃさん、
ブログ、毎回楽しく読ませてもらってます。
今回の電話事情も、とても興味深く読ませてもらいました。

こちらは日本なので、新入スタッフが
自分が作業中でも真っ先に電話に出てくれます。
そういう、当たり前のことに感謝しなくちゃ、と思いました。

ではまた。

ひさしぶりにブログを見たら更新記事が多くて読み応えありました。

そうねぇ、日本では気を利かせて電話とる人が多いかもねぇ。
外注の私ですら、契約先の会社で電話が鳴り続けていたらとってあげたりするし・・・

仕事や会社に対する意識の違いなんでしょうね。どちらがいいとかどうとかの話ではなく、単に違う、ってだけなんだろうなぁ、と思いました。

凧揚げの写真、気持ちよさそう!
うちでも凧揚げは年中行事になってますの!

  • [2008/03/11 13:10]
  • URL |
  • carolina
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

> 秀美さん
コメントありがとう。ここ最近コメント数がめっきり減っていたので嬉しいです。

新人さんがすぐ電話に出てくれて羨ましいですね。僕も将来事務所を開く事があれば、電話については「日本式」で行きたいと思います。でも、服装とか勤務時間は「英国式」(ラフな格好/残業あまりなし)にしたいです。

> carolinaさん
はい、なんとか頑張って更新してます。

そういえば、自分も親会社に出向した時は、隣の課が会議中で誰もいないときとか、結構電話に出てたっけ。課内の人も無視してる人が結構いて。自分は人一倍気を利かせてしまうのかも・・・。

「仕事は会社のためではなく自分のため」とか「業務分担を明確にする」などは見習うべきところがあると思うけど、電話についてだけは「日本式」の方がいいと思いましたよ。

凧揚げは最高だよね。子供には絶対やらせるべき!

  • [2008/03/12 00:43]
  • URL |
  • samuraiふれでぃ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/57-c37cd8cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。