スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレのデザインに見るイングランド人と日本人の気質 

一年程前のこと、職場の人たちとパブにランチに行った時、一人が言った。「ここのトイレは入り口の扉がない、これはいいデザインだ。」事実、彼の言う通り、大きめの公共的建物ですらドア無しのトイレはこの国ではあまり見かけられない。

日本では、近頃はトイレのドア無しデザインは、特に公共施設などでは当たり前になって来ている。日本には新築の近代的建物がごろごろしている訳で、イングランドではまだ普及していないのも理解出来る。しかしながら、そこには人々の気質の違いも現れているのではないだろうか。

思うに、イングランドの人々はよりプライバシーに気を遣い、一方で日本人は清潔さを重視する。私たちがドア無しのトイレをデザインする時は、外からの視界や音漏れなどに十分注意が必要だし、もしトイレの入り口に扉があれば、皆さんはたとえ手を消毒した後でもそのドアに触れなきゃいけません!

また、換気設備の信頼性も影響していると思われる。イングランドではだいたい機械換気設備は不十分で信頼できるものではないので、皆さんだいたい窓を開けるなどして自然換気に頼っている。つまり、おそらくトイレの臭いの拡散の恐れから、アーキテクトはドア無しトイレを設計したがらないのかもしれない。

(原文:英語)

スポンサーサイト

コメント

久しぶりにSAMURAIブログを拝見。
ドアなし?と思ったら個々のドアではなくトイレ設備に入るための入り口のドアのことなんだね。
あぁ、そうかな、そうかもねぇ。と思いました。
日本では公共性の高い建物はドアなしは当たり前のようだけど、換気設備以外にも防犯的な意味合いもあると思ってました。

ちなみに機械換気について、キッチンのレンジフードにしても日本製、イタリア製、韓国製、ドイツ製はよく使うけど、それ以外の国のものって日本では見かけないのも、その性能に関係あるのかしらね。

お返事遅くなりました。
ブースがドア無しではないです(笑)。
「防犯的な意味合い」とは、防犯のためにドア付きにしているということ? あ、逆か?(防犯のためにドア無し)

英国では建築関連製品、特に機械系はヨーロッパ諸国からの輸入品がかなり多い気がします。物にもよるでしょうけど。やっぱりドイツは多い気がします。英国人より精巧な物造りそうだし(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/58-e357b32e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。