スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン・バス事情 

ロンドンの2階建てバスと言えば、ロンドンを象徴する存在の一つでもあるし、ロンドンに行った事のない人もロンドンの風物詩的イメージをお持ちかと思う。しかし、現実は大違い、乗務員さんとニコッと挨拶、とかそういうものでは残念ながら無くなっている。前々からこの話題には触れたいと思っていたが、実は遂に(?)事故に遭遇したのでこれを機会に書いてみようと思った。

事故はおとといの朝の事だった。いつも通り、家から1分の停留所から271番のバスに乗った。2階はいつものように満席なので、とりあえず1階に立っていた。走り出して間もなく突然急ブレーキがかかり、慌てて手摺を掴もうとするも体を大きく前に振られ、体のあちこちをぶつけたが何とか転ばずには済んだ。バスは前の車にぶつかって止まった。路肩に停車していた乗用車が急に出て来たようだった。大した事故ではなかった。転んで頭を打ち泣いている女の子が一人居たが、乗客は皆降り、ちょうど後ろから来た次のバスに乗り換えた。

大した事故ではなかったとは言え、急ブレーキがかかった瞬間は結構恐ろしかった。自分がどう動いたのかも覚えていない。爪が少しはがれて血が出たのを少し気にしつつ、自分もバスを乗り換えた。

ところが、会社に着いた頃から左足のふくらはぎが痛み出し、だんだん腫れて来た。歩くのが辛くなって来た。どうやら、踏ん張った時に延ばしてしまったようだ。かなり気になったので、近くの診療所で診てもらった。単なる内出血なので、炎症を抑える薬を飲んだり足を高くするなどしていれば、数日で治るだろう、とのことだった。だが、夕方になりさらに痛くなり、結局早退、まともに歩けなかったのでタクシーで帰った。その後回復はしているが、まだゆっくりしか歩けない。賠償請求を手助けしてくれる機関があるというので、やってみようと思っている。

さて本題に戻って・・・ロンドンのバス・ドライバーははっきり言ってしょうもない奴らばかりである。とにかく運転が荒い。初めて乗った時は、まともに立っていられなかった。愛想のかけらも無い。携帯で話しながら運転しているやつもいれば、ノリノリで歌を歌っているやつも居る。途中でバスを停めてコーラを買いに行くやつもいたらしい。バス停で人をひいて、そのまま走り去った、という話もあるブログで読んだことがある。加えて、バスもオンボロが結構多い。

そんな感じなので、ロンドン中を24時間無数に走っているバスが、事故を起こさない訳がない。今までも事故現場を何度か目撃したことがあり(瞬間ではないが)、自分もいつ遭ってもおかしくはないと思っていた。今まで約3年間遭わなかったのが不思議なくらいだった。

バス・ドライバーの大部分は移民または外国人である。差別するつもりは全くないが、彼らの多くは有色人種である。大きな社会問題となっている外国人の流入を象徴しているとも言える。林信吾氏著「それでもイギリスが好きですか?」には、バス・ドライバーは中産階級である、と書かれていたが、今は昔であるようだ。

留学したばかりの頃、少し外れに住んでいたのだが、家に向かうバスで”Thank you, driver!” と叫んで降りて行く人を時々目にした。当時は、何でこんな奴らに礼を言う必要があるのか、と思っていたが、あとから思えば、きっと昔は皆がそうしていたのだろう。お金を払っているとかは関係無しに、目的地まで無事に運んでくれた事に感謝する、これは英国人の心を象徴している気がする。

ドライバーだけが悪いのではなく、むしろバス会社に問題がある気がする。日本だって、運転手の勤務態度は会社ごとに差があるというものだ。ロンドンのバスはだいぶ前に分割民営化されたようだが、未だロンドン交通局の管理下にはある。乗客は命を預けているのだからもう少し何とかしてもらいたい、と本気で思う。

(原文:日本語)






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/67-f2468f2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。