スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一音符一音節の原則 (Dedicated to ... TK) 

(実際別の正しい言い方があるのかも知れませんが・・・)

これは英語の歌の話です。いつか話したいと思っていた話題です。

英語をメロディにのせる時、基本的には一つの音符に対して一つの音、つまりは一つあるいは一組の母音を含む音節、が付くのが普通なのです。具体的な例を挙げて説明すると、

♪We are the champions

と歌うときは、

We / are / the / cham / pions

と、5つの音節、つまりは5つの音符が存在することになります。“pions”はちょっと長いように感じますが、英語の音節としてはこれでひとつです。

ロックやポップスの場合、日本語に比べて英語の方がリズムに乗せやすいということを理論的に説明した人が居る、と聞いたことがあります。普通の会話でも英語の方がリズミカルだ、などということは、英語を特に使っていない人でも何となく分かると思いますが、要はそういうことだと思います。つまり、英語はもともと軽快なメロディに乗せやすいのです。逆に言うと、ロックやポップスは英語から生まれた訳ですがね。

日本においても、歌の中に英語のフレーズを盛り込むのは今や極普通のことです。これはもちろん、横文字をメロディに乗せることによって歌がよりリズミカルになるからだと思います(スピッツなんかは、日本語のはっきりとした音の利点を強調していて、例外と言えますけどね)。

ところが、大きな勘違いをした人がいます。その人の名は・・・・・



小室哲哉。


飽きる程のヒット曲を生み出した彼も、コーラス部分には必ずと言って良い程英語を使っていました。しかし、その多くは使い方を間違っていて、よく思わず吹き出したものです(笑)。よりリズミカルにする為のはずの横文字が、なんだか違和感のある使い方がされていたのです。私は彼の音楽をちゃんと聴いたことは無いのであまり思い出せないのですが、記憶の範囲で例を挙げて説明すると・・・

安室奈美恵さんの歌でコーラス部分に、

“Body feels exit
“ここからずっと待っていたいよ(???)
“Body feels excite…

とかなんとかいうのがありました。これらの音節を敢えて「発音記号っぽく」表記すると、

bo / di: / fi:lz / eg / zit (または ek / sit)
bo / di: / fi:lz / ek / sait (または ik / sait)

となります。(なんだか、そもそも英語として意味不明ですが)実際にはそれぞれ最後の部分が

“e / gu / zit”
“e / ki / sait”

なんて感じで歌われてました。よりによって2行とも間違い。音節の数が本来の英語の音よりも多く、英語とも日本語ともつかない歌い方で歌われていた訳です。これでは、日本語の歌の中に敢えて英語を盛り込む本来の意味が全く無くなっています。「日本人の歌なんだから別にいいんじゃないの」という友人も居ました。でも、仮にもプロだったら、音をどうやって音符に乗せようかとか、辞書を見るなりして真剣に考えるはずじゃないかと。

要は彼の場合、英語のフレーズは単に格好良く見せかける目的で使った訳ですね。言ってみれば、訳の分からない横文字を連ねて格好良く見せかけているTシャツみたいなものです(ちょっと言い過ぎか、ハハハ)。

それは抜きにしても、実際彼の作った歌で「いい」と思った曲は一つもありません。普通、嫌いなアーチストでも、まあまあと思う曲が一曲くらいはあるものだけど。でも、彼の楽曲があれだけヒットする理由は何となく理解は出来ていましたよ。ま、私には彼は初めっからただのヒット曲製造機だった訳です。本当にクリエイティビティのある人だったら、あんなみじめな落ちぶれ方はしないよね?

スポンサーサイト

コメント

ふれでぃさん、お久しぶりですv-222

なるほどー、ワタクシは英語がぜんぜん×なのでこういうことは全く気がついていなかったのですが、非常に納得です。
だから世間からもあっさり飽きられたんですね〜。
じょんさんも、「あれは作品じゃなくて商品だ」とおっしゃっていました。
大量生産・大量消費の安い商品、といったとこですかね。

まいきゅりぃさん、この生真面目な(?)話題にコメントくれてありがとう!(MEWさんからコメント来そうな気がしてましたが(笑)。

改めて考えてみると、音節一つに音符一つって、当たり前な気がします。どちらも一つの「音」を表す言葉なわけですからね。TK氏は「英語の知識が無かっただけ」と言えばそうかも知れないね。

さすが、じょんさん。

  • [2008/11/22 21:57]
  • URL |
  • samuraiふれでぃ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/78-dd352065

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。