スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド暴落のトリック 

世界的な金融危機の影響でポンドが暴落しています。8月後半には1ポンド200円くらいだったのが、たった2ヶ月後に140円まで急落したのです。その後一旦持ち直したかと思いきや、先週にはついに140円を割り込むまで再度下落。

gbpjpy=x.gif

私にとって何が問題かと言えば、毎月ほぼ決まった額を日本に送金していることです。上記のように短期間でポンドが30%下落したので、送金額も自動的に30%増という最悪の事態に・・・

実は、これが大きな間違いなのです。なんと、実際は30%をはるかに上回る増額なのです。え、何で? って思いますよね? そう、私も昨夜眠りに落ちる直前まで気が付かなかったのです、このトリックに。

例えば日本に1万円の送金をするとします。それを、上記2種類のレートで計算すると、

10000 / 200 = 50.00ポンド
10000 / 140 = 71.43ポンド

となります。では、それがいくらの増額になるかというと、

71.43 / 50.00 = 1.43

つまり、43%の増額なのです!!

なぜこんなことになるのでしょう? 簡単に言うと、分数の分母と分子が逆だったのです。日本に送金する場合は日本円を買う訳ですから、「1ポンドが何円か」ではなく、円を軸に考えないといけないのです。始めからそのような感覚で、つまり上記のように「1万円が何ポンドか」で相場をチェックしないといけないのですね。

毎月定額のローン支払いなどが突然43%も上がったら、なんて考えたら恐ろしいですよね? いや、それが今私には現実に起きているのです! さらに悪いことには、8月の末に引っ越して家賃が大幅に上がっていたのです。そう、引っ越すやいなや、暴落が始まったのです。このような事態を夢にも思っていなかった訳で、まさに想定外でした。

数学が苦手な英国人に説明してもきっと理解してもらえないであろうこのトリックに気が付くまでもなく、厳しい状況になったのは分かっていましたが、43%という数字を知りさらに厳しさを実感しております。

ここ数日は上向き基調で、今日は147円あたりを上下していました。このまま順調に、200円とは言わないから180円くらいまで上がって行って欲しいものです。トホホ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/80-69156b95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。