スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDAとEARTH DREAM 

HONDA_RA107.jpg

HONDAのF1撤退のニュースにショックを受けています。世界的景気後退の影響がこんなところにも及ぶとは。こちらでもかなり大きなニュースになっています。F1は英国ではかなりの人気ですし、マクラーレンをはじめ、英国を拠点にしているチームが4つもありますからね。それに、HONDAのファースト・ドライバーは英国人のジェンソン・バトン。

実は私は大のF1ファンで、ほぼ毎レース生中継で見ています。今や、サッカーより大事です。自分にとってF1の醍醐味と言えば、何と言ってもあの車体の美しさです。それは、最高峰のテクノロジーによって早く走ることを突き詰めた結果としてできた形にあるのです。

一方で、建築をやる人間としては(建築をやっていなくてもそうだったと思いますが)、地球環境への影響はずっと気にかかっていました。本来、市販車への技術の応用がF1の一つの要素でもあるので、まあ良しとすることにしていましたが。そして、遂に来年からはエネルギー回生システム、つまりはハイブリッドが導入されることになりました。

そもそも、どんなスポーツだって間接的にCO2を排出している訳です。ナイターには照明が必要ですし、東京ドームなどは使っていない時ですら空気を送って膨らましていなければなりません。サッカー場の芝生の下には育生の為の温水パイプが埋め込まれていたりもします。多分最も単純なスポーツであろうマラソン、ですら先導バイクに中継車。駅伝ともなれば、各チーム監督が乗り込んだ車が並走していたり。オリンピックの聖火だって除外は出来ません。

15年程前、フジテレビの深夜番組で「5年後」という未来の社会を予測した面白い番組がありました。携帯電話の普及を予測して、「電車内での使用が原因の口論から殺人事件に」など、現実となったものもあり、毎回かなり的を射た内容でした。木梨憲武がPK専門で日本代表に、などというふざけたものもありましたけどね(笑)。F1も取り上げられ、地球環境問題への関心の高まりからソーラーカーに変更された、という内容だったと記憶しています。当時は、「実現するとしてもかなり先の話だろう」などと思いましたが、そのコンセプト自体は遂に現実のものとなった訳です。

今のF1界は、特に金銭面でたくさんの問題を抱えている様です。世界的な経済悪化で、これからしばらくはF1界も厳しい状況が続くかも知れません。でも、「健全なスポーツ」として、これからも見るものを楽しませて欲しいものです。我らがHONDAもいつか戻って来て欲しい。そして、いつか日本人ドライバーが表彰台の一番上に昇るのを見てみたい!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/83-a488eb18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。