スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一時帰国その6 

一時帰国しています。

過去、ほぼ年に2回のペースで帰国していて、今回で6回目。今回は7ヶ月ぶりと、過去2回と比べると間隔は長めでしたが、「あー、日本だ!」という感覚はとうとうなくなってきてしまいました。

しかし、日本についての新しい発見は、今までどおりあります。不思議なことに、その内容は毎回異なり、同じ事柄に対しても毎回印象が変わったりします。

さて今回実感したこと・・・それは、日本人は素直だということ。しかし、残念ながらこれは悪い意味でです。

昨日、買い物などで町をぶらぶらしているとき、

「この新製品、ここがこうで、凄くいいんだってよ。」
「へー、そうなの。」

という感じの会話をしている人たちを見かけました。これだけではないのですが、いろいろな人の行動や表情を見ていると、日本人の素直さ、生真面目さ、やさしさみたいなものが伝わってきたのです。

実は、「騙されやすい」と言った方が、正確かもしれません。世界が混迷を極めている今、世の中にはいろいろな情報が溢れ返っていますが、私はいつも偏った情報に踊らされないように注意しています。しかし、私がすれ違った人たちが、この氾濫する情報にどう対処して行けるのか、少し不安になったのです。

これに対し、欧米人、少なくとも英国人は、一般的に物事や情報をすべて自身で咀嚼し判断する能力を備えているように思います。たとえば、9.11の事件についても、疑いの目で見ている人は多く、みなそれぞれ違った見解を持っていたりします。よく海外旅行者に、「自分の身は自分で守る」などという呼びかけをしますが、欧米人には日常からそのような態度が伺えます。そして彼らは概して楽観的です。

今日あるNHKの番組で、築地市場内で輸送用に使われている古い電気自動車について、ナレーターが「エコカーなのです」などと言っていました。地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車が必ずしもエコとは言い切れないことくらい知っています。奇しくも、今日は環境保護のアピールとして、NHKは教育テレビの放送時間を短縮しています。伝える方も受ける方も、いやおそらく受ける側の私たちこそ、物事の本質を理解しようと努力しなければなりません。

社会の先行きに不安が募る今、私は「楽観的になること」と「物事の本質を理解すること」はこれからとても重要になってくると思います。同時に、私たちが持ち合わせている「素直さ」なども、決して忘れてはならないでしょう。

ちょっと、真面目になりすぎましたが、今日はこの辺で。

(原文:日本語)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/87-27bd1885

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。