スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気自動車と太陽光発電 

昨年末の記事で、電気自動車の「エコ度」について触れたのですが、少し勢いで書いてしまったところがあって、ちょっと気になっていました。そこでいろいろと調べてみると、やはり表現が適切ではなかった様です。以下の通り訂正させてもらいました。

誤 「地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車がエコというのは誤りであることくらいいまどき知っています。」
正 「地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車が必ずしもエコとは言い切れないことくらい知っています。」

たかがブログ、されどブログ。発言には責任を待たないといけません(笑)。

言いたかったのは、築地市場で走っている年代物の電気式自動車を、NHKたるもの何の根拠も無く「エコ」などと言ってくれるな、と言う事です。「電気自動車はエコ」というイメージの、単なる押しつけになってしまうからです。

現に、今日こんなものを見つけました。フジテレビのウェブサイト内のアナウンサーのブログ記事からです。
http://www.fujitv.co.jp/csr/ecoana_reports/report/0009.html

「CO2排出量が極めて低く、化石燃料を使わない究極のエコカー・電気自動車が今一つ普及していないのには幾つかの要因があります。」

まず、「化石燃料を使わない」というくだりが間違っています。もちろん走行時にはCO2の排出もありませんが、現時点で日本では発電の6割程は化石燃料に頼っています。記事の中で何か説明があるのかと思ったら、発電の方法などについては一切触れていません。

さらには、このページからは「お台場議定書」なるフジテレビの環境行動計画とやらへのリンクがあります。こんなもの、イメージの押し売りと言われても仕方が無いのでは。

ちなみに慶応義塾大学電気自動車研究室の試算では、電気自動車の電源を全て火力発電でまかなったと仮定しても、従来のガソリン車と比べて「総合効率」は3~4倍程度になるそうです。総合効率がそのままCO2排出量に置き換えられるのかは私には分からないのですが、走行だけに着目すればかなりのCO2削減が期待出来そうです。しかし、ライフサイクル、つまりバッテリーも含めた車の製造から廃棄まで全てを考慮して見れば、まだ何とも言えないようです。モーター製造用の自然原料の供給にも問題があるそうです。ともあれ、今年は「電気自動車元年」になるらしく、国を挙げて推進していくらしいです。

実は、今日は何でこんな事を書いたかと言うと、年末年始に帰国したとき、「これからは太陽光発電がどんどん普及する」という話をテレビで何度となく聞かされたのですが、久々に日本に戻った身としてはなにか違和感があったのです。約半年振りに戻ったとは言え、どこかから降って沸いた話に思えたのです。電気自動車の普及と関連づけて論じている時もありました。私のその違和感はほとんど主観的なのですが、どうしても上記の電気自動車の場合ように、「本当にエコなのか?」という疑問が頭をよぎったりします。新たな産業の活性化、という狙いもやっぱりあるのだとは思いますが・・・・・。

(原文:日本語)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/89-b6ad5e72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。