スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの水路を歩く 

土曜日、散歩に行きました。家から徒歩30分にある公園です。

efb4.jpg

実は、ここは今やっているプロジェクトに関係があります。以前も紹介したかと思いますが、オリンピック・パーク内に造るポンプ場です(上水の方です)。基本設計のレポートをまとめるにあたり、サイトと周辺の歴史を調べているときにのめり込んでしまったのが、出かけたきっかけでした。

オリンピック・パークはロンドン東部のややはずれにあり、River Leaという川に沿った地域なのですが、その歴史も水と深い関連があります。リサーチでは、200年程前我がプロジェクト・サイトのすぐ隣に水道会社の施設が出来て以来、周辺で貯水池や水路の造成、移設が何度もあったことや、浄水の方式が原始的なものから近代的なものへ時代とともに変わっていったこと、などが分かってきました。そして、それらの足跡が未だに残っていることが何より興味をそそったのです。

かつての水路は遊歩道に。

efb1.jpg

プロジェクトのサイトからは少し離れた場所ですが、1970年まで150年間使われていた浄水施設が数年前に自然公園に生まれ変わりました。放置された30年間に、そこは野鳥をはじめ、たくさんの動物や植物の楽園になっていたのです。それらを敢えて保護しながら、かつての浄水施設の面影も残している。いかにもロンドンらしいコンセプトです。

でも、景色は「ここは本当にロンドンか?」と思う程のどか。

efb8.jpg



efb2.jpg

敷地内には地の歴史や生息種についての展示スペースがあり、浄水施設だったときの図面もありました。水色で描かれた溜め池では、砂や砂利を用いて水を濾過していたそうです。溜め池に囲まれた中心部の丸い所は井戸だったのですが、それが今は・・・

efb7.jpg

efb9.jpg

野鳥の観察スポットに! 周囲の池を眺められる様になっているのです。さらに、井戸内のレンガ造のアーチが見える様になっています。

efb6.jpg


当時の面影は、随所に見られます。

efb3.jpg

efb5.jpg


こちらは運河。

efb10.jpg


さんざん歩き回ったあとは、パブでゆっくり一人反省会!

efb11.jpg




スポンサーサイト

コメント

おひさ。
ここ、行ってみたい。
でも、英語しゃべれないし、飛行機怖いし、

ボーナスでないし。←これが一番でかい

Re: タイトルなし

おお、お久しぶり!
ロンドンには昔の名残がそこら中にあって、楽しいよ。
日本も大変そうだね。そちらの会社はどうなるんでしょうか・・・?

出向中

現在、立川へ出向中でございます。

建築士法も変わって出来の悪い僕にとっては
居場所がなくなってます。

どうするかな。

海外のk村さんも退職するようですし
会社はよくわかりません。期待はしてないです。

Re: 出向中

> WG^2 さん
お返事遅くなりました。
会社はやっぱりかなり大変そうですね。
もともと大変だったのに、さらに景気の影響を受けただろうし。
k村さんはもう居なくなってしまったようですね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraifreddie.blog93.fc2.com/tb.php/91-df2bc01b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。