スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪警報! 

snow020209

昼間からちらつき始めた雪は夜に本降りになり、夜中の時点でもうこんなに積もってます。でも、まだまだこれからだそうで。明日の朝は大混乱だろうな・・・。

(休みにならないかなあ)

それにしても、真夜中だというのに、やけに明るい。

原文:日本語

ロンドンの水路を歩く 

土曜日、散歩に行きました。家から徒歩30分にある公園です。

efb4.jpg

実は、ここは今やっているプロジェクトに関係があります。以前も紹介したかと思いますが、オリンピック・パーク内に造るポンプ場です(上水の方です)。基本設計のレポートをまとめるにあたり、サイトと周辺の歴史を調べているときにのめり込んでしまったのが、出かけたきっかけでした。

オリンピック・パークはロンドン東部のややはずれにあり、River Leaという川に沿った地域なのですが、その歴史も水と深い関連があります。リサーチでは、200年程前我がプロジェクト・サイトのすぐ隣に水道会社の施設が出来て以来、周辺で貯水池や水路の造成、移設が何度もあったことや、浄水の方式が原始的なものから近代的なものへ時代とともに変わっていったこと、などが分かってきました。そして、それらの足跡が未だに残っていることが何より興味をそそったのです。

かつての水路は遊歩道に。

efb1.jpg

プロジェクトのサイトからは少し離れた場所ですが、1970年まで150年間使われていた浄水施設が数年前に自然公園に生まれ変わりました。放置された30年間に、そこは野鳥をはじめ、たくさんの動物や植物の楽園になっていたのです。それらを敢えて保護しながら、かつての浄水施設の面影も残している。いかにもロンドンらしいコンセプトです。

でも、景色は「ここは本当にロンドンか?」と思う程のどか。

efb8.jpg



efb2.jpg

敷地内には地の歴史や生息種についての展示スペースがあり、浄水施設だったときの図面もありました。水色で描かれた溜め池では、砂や砂利を用いて水を濾過していたそうです。溜め池に囲まれた中心部の丸い所は井戸だったのですが、それが今は・・・

efb7.jpg

efb9.jpg

野鳥の観察スポットに! 周囲の池を眺められる様になっているのです。さらに、井戸内のレンガ造のアーチが見える様になっています。

efb6.jpg


当時の面影は、随所に見られます。

efb3.jpg

efb5.jpg


こちらは運河。

efb10.jpg


さんざん歩き回ったあとは、パブでゆっくり一人反省会!

efb11.jpg




CPD 


英国の設計事務所では、CPDという制度(Counting Professional Developmentの略)に基づいて、月に数度の頻度で所員に対する技術研修が行われます。建築関連メーカーの担当者が事務所を訪れ、最新技術の紹介も含めたレクチャーをランチタイムに行います。宣伝も兼ねていて、まさにギブ・アンド・テイクという感じです。日本でもこの制度は徐々に浸透している様です。

実は、今日は絶妙なタイミングで太陽光発電に関するレクチャーでした。前回の記事で太陽光発電に対する疑問を投げかけましたが、今日のレクチャーを聞く限りでは思っていたより良さそうな印象を受けました。

一番気になっていた製品の製造にかかるエネルギー、つまりはCO2排出量については、理論的には設置後2~3年で「元が取れる」とのことでした。寿命も50年以上、と言っていました。ただ、廃棄時の処理にかかるエネルギーや、廃棄による環境への影響などには触れていませんでした。

いつもは静かにしている私でしたが、今日は進んでいろいろと質問をしました。CO2の排出に関してはかなり期待出来そうですが、屋根などにパネルをたくさん設置すると「ヒートアイランド現象」を助長するのでは? などと質問をしてみました。CO2を出さなくても、地上を温めてしまうのはまた問題ですからね。回答は・・・・・実は良く分かりませんでした(笑)。まあ、屋上緑化するよりは良く無いだろうけど、コンクリートむき出しよりはよっぽどましだろうと、勝手に理解してます。

最後に、「日本では太陽光発電がこれからどんどん普及するらしい」と、彼らのマーケットへの希望の意味も込めて言ってみましたが、「日本は太陽光発電先進国で、シャープなどは凄い技術を持っているから、競合の余地はないよ」との返事でした。やぱり、日本の技術は凄いのですね。

電気自動車と太陽光発電 

昨年末の記事で、電気自動車の「エコ度」について触れたのですが、少し勢いで書いてしまったところがあって、ちょっと気になっていました。そこでいろいろと調べてみると、やはり表現が適切ではなかった様です。以下の通り訂正させてもらいました。

誤 「地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車がエコというのは誤りであることくらいいまどき知っています。」
正 「地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車が必ずしもエコとは言い切れないことくらい知っています。」

たかがブログ、されどブログ。発言には責任を待たないといけません(笑)。

言いたかったのは、築地市場で走っている年代物の電気式自動車を、NHKたるもの何の根拠も無く「エコ」などと言ってくれるな、と言う事です。「電気自動車はエコ」というイメージの、単なる押しつけになってしまうからです。

現に、今日こんなものを見つけました。フジテレビのウェブサイト内のアナウンサーのブログ記事からです。
http://www.fujitv.co.jp/csr/ecoana_reports/report/0009.html

「CO2排出量が極めて低く、化石燃料を使わない究極のエコカー・電気自動車が今一つ普及していないのには幾つかの要因があります。」

まず、「化石燃料を使わない」というくだりが間違っています。もちろん走行時にはCO2の排出もありませんが、現時点で日本では発電の6割程は化石燃料に頼っています。記事の中で何か説明があるのかと思ったら、発電の方法などについては一切触れていません。

さらには、このページからは「お台場議定書」なるフジテレビの環境行動計画とやらへのリンクがあります。こんなもの、イメージの押し売りと言われても仕方が無いのでは。

ちなみに慶応義塾大学電気自動車研究室の試算では、電気自動車の電源を全て火力発電でまかなったと仮定しても、従来のガソリン車と比べて「総合効率」は3~4倍程度になるそうです。総合効率がそのままCO2排出量に置き換えられるのかは私には分からないのですが、走行だけに着目すればかなりのCO2削減が期待出来そうです。しかし、ライフサイクル、つまりバッテリーも含めた車の製造から廃棄まで全てを考慮して見れば、まだ何とも言えないようです。モーター製造用の自然原料の供給にも問題があるそうです。ともあれ、今年は「電気自動車元年」になるらしく、国を挙げて推進していくらしいです。

実は、今日は何でこんな事を書いたかと言うと、年末年始に帰国したとき、「これからは太陽光発電がどんどん普及する」という話をテレビで何度となく聞かされたのですが、久々に日本に戻った身としてはなにか違和感があったのです。約半年振りに戻ったとは言え、どこかから降って沸いた話に思えたのです。電気自動車の普及と関連づけて論じている時もありました。私のその違和感はほとんど主観的なのですが、どうしても上記の電気自動車の場合ように、「本当にエコなのか?」という疑問が頭をよぎったりします。新たな産業の活性化、という狙いもやっぱりあるのだとは思いますが・・・・・。

(原文:日本語)



ふたつの生活 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今回は6度目の一時帰国でしたが、いつもの様に、滞在中は自分のロンドンでの普段の生活がまるで夢の様でした。日本ってのは英国とは全く違う所なのだと改めて実感させられたし、自分がふたつの全く異なる世界に身を置いているという錯覚すら覚えました。いつものロンドンでの生活、特に仕事に、簡単に戻れるとは思えませんでした。

しかしながら、ロンドンに戻った翌日であった昨日の朝、オフィスに身を投じた時も、特に困る事はありませんでした。自分は普通に会話をしていました。自分が「当たり前に」英語を話していると思ったのは、これが初めてだった気もします。真の国際人であると、もっと自信を持っても良いのかもしれません。

同時に、オフィスの皆がとても暖かく迎えてくれた事に感激しました。上手く説明出来ないのですが、これは日本では決して経験する事の無い感覚なのです。

(原文:英語

一時帰国その6 

一時帰国しています。

過去、ほぼ年に2回のペースで帰国していて、今回で6回目。今回は7ヶ月ぶりと、過去2回と比べると間隔は長めでしたが、「あー、日本だ!」という感覚はとうとうなくなってきてしまいました。

しかし、日本についての新しい発見は、今までどおりあります。不思議なことに、その内容は毎回異なり、同じ事柄に対しても毎回印象が変わったりします。

さて今回実感したこと・・・それは、日本人は素直だということ。しかし、残念ながらこれは悪い意味でです。

昨日、買い物などで町をぶらぶらしているとき、

「この新製品、ここがこうで、凄くいいんだってよ。」
「へー、そうなの。」

という感じの会話をしている人たちを見かけました。これだけではないのですが、いろいろな人の行動や表情を見ていると、日本人の素直さ、生真面目さ、やさしさみたいなものが伝わってきたのです。

実は、「騙されやすい」と言った方が、正確かもしれません。世界が混迷を極めている今、世の中にはいろいろな情報が溢れ返っていますが、私はいつも偏った情報に踊らされないように注意しています。しかし、私がすれ違った人たちが、この氾濫する情報にどう対処して行けるのか、少し不安になったのです。

これに対し、欧米人、少なくとも英国人は、一般的に物事や情報をすべて自身で咀嚼し判断する能力を備えているように思います。たとえば、9.11の事件についても、疑いの目で見ている人は多く、みなそれぞれ違った見解を持っていたりします。よく海外旅行者に、「自分の身は自分で守る」などという呼びかけをしますが、欧米人には日常からそのような態度が伺えます。そして彼らは概して楽観的です。

今日あるNHKの番組で、築地市場内で輸送用に使われている古い電気自動車について、ナレーターが「エコカーなのです」などと言っていました。地球環境問題に少しでも関心のある人ならば、電気自動車が必ずしもエコとは言い切れないことくらい知っています。奇しくも、今日は環境保護のアピールとして、NHKは教育テレビの放送時間を短縮しています。伝える方も受ける方も、いやおそらく受ける側の私たちこそ、物事の本質を理解しようと努力しなければなりません。

社会の先行きに不安が募る今、私は「楽観的になること」と「物事の本質を理解すること」はこれからとても重要になってくると思います。同時に、私たちが持ち合わせている「素直さ」なども、決して忘れてはならないでしょう。

ちょっと、真面目になりすぎましたが、今日はこの辺で。

(原文:日本語)

Do You Celebrate Christmas? 

これは、過去数週間で何度となく訊かれた質問である。そう、ヨーロッパ人にとっては、私らがクリスマスを祝うのかは興味があるのである。その質問にはもう慣れてしまっていて、こんな風に答える。「ああ、祝うよ、特に若者とか子供の居る家庭ではね。うん、ちょっと変だけどね、俺らはだいたいクリスチャンじゃ無い訳だし。俺もあまり関係ないし、まあ若い頃はいろいろやったけど。」

実は、今回が私にとっては英国で迎える初めてのクリスマスなのだ!過去3年は、何れも日本に居た。訳あって、今日の午後はとても静かな事務所に行かなければならなかったけど、やっぱり街は静まり返っていた。そうそう、クリスマスっていうのは家族と過ごすものな訳で。

まあ、言いたかったのは、自分がロンドンに来て以来、日本人のクリスマスに対する態度が変だと思った事。たとえ一人っきりのクリスマスでも、寂しいなんて思う必要は無いんだよ。新年に、家族に会えばそれでいいじゃない!

ということで、今日は家で一人シャンペンを飲んでいます。そして明日は、近所の日本人の友達の家で、クリスマス・ディナー! そうそう、関係無いの・・・でも、やっぱり。。。

(原文:英語

素早い対応 

最近は景気の悪い話ばかりですが、ここ英国では景気対策として12月1日から期間限定でVAT=付加価値税(日本で言うところの消費税)の税率が17.5%から15%に下げられています。どれほどの効果があるのかという議論がさかんになされてはいましたが、とにかく英国政府のこの素早い対応には感心させられます。

今回に限らず、英国政府の動きはどこかの国とは違って本当に素早いです。法律もどんどん変わっていきます。

ところで付加価値税、つまり物を買う時に徴収される税金が17.5%って凄い数字に思えますが、ヨーロッパでは普通の様です。しかし、今回初めて知ったのですが、食品は対象外なのです。英国の物価は非常に高いですが、確かに食品だけは割安です。

どんなに貧しくても食費はかかる訳で、この必要最低限の出費に税金がかからないというのは、良いシステムだと思います。かの国の法律はだいたい欧米の物が手本になっている様だし、どうせ消費税率を上げるのなら、食品は対象外にしても良いかも知れませんね。

(原文:日本語)

「一期一会」 

一期一会、ロンドンに来てから好きになった言葉である。

ロンドンでは学校、仕事、またパーティなどを通して、数多くの人たち、しかも様々な国籍、バックグラウンドの人たちと出会って来た。しかし、いずれ日本に帰る身としては、それらの多くの人たちには2度と会うことが無いと思われる。今の時代、SNSなどを介して、世界中に散らばる友達と連絡を取り続けることは可能ではある。しかし、それではただでさえ忙しい現代の生活がとてつもなく忙しくなってしまう。そんなことを考えるうちに、限られた回数、あるいは限られた時間の出会いこそ大事なのだと思うようになった。

今日はある人とのお別れだった。7月にバスの事故で負ったふくらはぎの肉離れのリハビリ(正確には理学療法=Physiotherapy)で通っていた、治療院のセラピストである。オーストラリア人の彼は明日で仕事を辞め、オーストラリアに帰ることになった。私の怪我は治療費が全て相手の保険でおりるので、とにかく念入りにやってくれと頼んだこともあって、担当の彼が居なくなるギリギリまで2ヶ月間に8回通った。

毎回30分間のセッション、マッサージは予想以上に苦痛だったが、彼との会話は楽しいものであった。苦しい患者の気をそらす目的もあるのだろうが、彼は気さくに良く話しかけて来た。多分まだ20代だが、仕事もしっかりやっている感じだし、とにかく好感が持てた。

今日はお互いに、相手の幸運を願う言葉を交わして別れた。特に連絡先を訊くでも無く、今後会うことはまず無い。でも、何となくそれが嬉しかった。知り合いが出来たことよりも、その人と楽しい時間を過ごせたことが嬉しかった。そして何よりも、足が凄く良くなったことに感謝!

(原文:日本語)

HONDAとEARTH DREAM 

HONDA_RA107.jpg

HONDAのF1撤退のニュースにショックを受けています。世界的景気後退の影響がこんなところにも及ぶとは。こちらでもかなり大きなニュースになっています。F1は英国ではかなりの人気ですし、マクラーレンをはじめ、英国を拠点にしているチームが4つもありますからね。それに、HONDAのファースト・ドライバーは英国人のジェンソン・バトン。

実は私は大のF1ファンで、ほぼ毎レース生中継で見ています。今や、サッカーより大事です。自分にとってF1の醍醐味と言えば、何と言ってもあの車体の美しさです。それは、最高峰のテクノロジーによって早く走ることを突き詰めた結果としてできた形にあるのです。

一方で、建築をやる人間としては(建築をやっていなくてもそうだったと思いますが)、地球環境への影響はずっと気にかかっていました。本来、市販車への技術の応用がF1の一つの要素でもあるので、まあ良しとすることにしていましたが。そして、遂に来年からはエネルギー回生システム、つまりはハイブリッドが導入されることになりました。

そもそも、どんなスポーツだって間接的にCO2を排出している訳です。ナイターには照明が必要ですし、東京ドームなどは使っていない時ですら空気を送って膨らましていなければなりません。サッカー場の芝生の下には育生の為の温水パイプが埋め込まれていたりもします。多分最も単純なスポーツであろうマラソン、ですら先導バイクに中継車。駅伝ともなれば、各チーム監督が乗り込んだ車が並走していたり。オリンピックの聖火だって除外は出来ません。

15年程前、フジテレビの深夜番組で「5年後」という未来の社会を予測した面白い番組がありました。携帯電話の普及を予測して、「電車内での使用が原因の口論から殺人事件に」など、現実となったものもあり、毎回かなり的を射た内容でした。木梨憲武がPK専門で日本代表に、などというふざけたものもありましたけどね(笑)。F1も取り上げられ、地球環境問題への関心の高まりからソーラーカーに変更された、という内容だったと記憶しています。当時は、「実現するとしてもかなり先の話だろう」などと思いましたが、そのコンセプト自体は遂に現実のものとなった訳です。

今のF1界は、特に金銭面でたくさんの問題を抱えている様です。世界的な経済悪化で、これからしばらくはF1界も厳しい状況が続くかも知れません。でも、「健全なスポーツ」として、これからも見るものを楽しませて欲しいものです。我らがHONDAもいつか戻って来て欲しい。そして、いつか日本人ドライバーが表彰台の一番上に昇るのを見てみたい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。